ランニングマシン

ランニングマシン

ランニングマシン

このページは「有酸素運動と無酸素運動 」の情報コンテンツです。
ランニングマシン > 有酸素運動と無酸素運動

豆知識

有酸素運動と無酸素運動

ダイエットのために運動、筋力アップのために運動、メタボ解消のために運動・・・。運動の目的は人によって違いますが、自分の目的に合った運動を選ぶ必要があります。

有酸素運動とは

有酸素運動とは、その文字から想像できるように酸素を多く必要とする運動です。この運動では身体に蓄えられている脂肪を燃焼させてエネルギーとして消費します。つまり、ダイエット目的の運動は有酸素運動が適しているのです。ただ、人間の身体は急に脂肪をエネルギーに変えることはしません。最初は糖質をエネルギーとして使い、運動を継続していると徐々に脂肪へのシフトしていくのです。有酸素運動で脂肪を燃やすためには20分以上の運動を行うように、というのはその仕組みがあるからなのですね。

有酸素運動として代表的なものはランニングやウォーキング、サイクリングがあります。先ほどお話した通り酸素を多く必要とする運動、つまりは呼吸を止めずに行えることが大切!過度の運動で呼吸ができなくなる、止めてしまうような運動は有酸素運動とはなりません。また、ダイエットやメタボ解消を目的とする場合は少し走るスピードを上げるなど、運動強度を少しだけ挙げることで燃焼する脂肪量を増やすなども可能ですね。

無酸素運動とは

有酸素運動とは対照的な運動が無酸素運動。短距離走や腕立て伏せなどの筋トレなど息を止めて瞬間的な力を発揮する運動だと考えてください。酸素を使わずに糖質を使ってエネルギー―を生み出しますが、長時間持続しません。筋トレだとわかりやすいのですが、腹筋や腕立て伏せを何度も行うと筋肉がプルプルと震えてきてもう力が入らなくなりますよね?

筋力をアップさせる場合はこの無酸素運動を行えばよいのですが、ダイエットで「脂肪燃焼」を目的にする場合は無酸素運動はお勧めしません。ただし、無酸素運動がダイエットに役立つポイントがあります。それは、身体に筋肉を付けることで基礎代謝をアップさせること。基礎代謝があがれば1日の普通の生活においても消費カロリーがアップするのです!

ランニングマシン 激安通販
ExecutionTime: 95 msec / Memory: 7.6 MB